運動後のケアでニキビを治すとニキビ跡防止になる

ニキビは思春期に出来易いですが、成長過程においてホルモンバランスに変化を生じた時期に皮脂が多く分泌されてそこにアクネ菌が繁殖して発生します。大人の場合はストレスが大きな要因となってやはりホルモンバランスが崩れ、皮脂が多く分泌されてニキビが出来ます。思春期以外のニキビはストレスが原因と言っても過言ではありません。いずれにしてもニキビが進行して潰れるくらいにひどくなるとニキビ跡ができますので、日頃のケアが大切です。近年は若い人も大人も運動不足にならないように色々している方が多いですが、体を動かした後のケアもニキビ対策には必要です。特に大人の場合はストレス解消に体を動かす事をしている場合も有るでしょうから、体を動かすことによるニキビのリスクは若年層の人の方が高いと言えます。皮脂が多い上に汗も多くかいていると、雑菌が繁殖し易いです。かと言ってゴシゴシ顔を洗うと肌を痛めてしまいます。傷んだ肌もアクネ菌の好物です。ですから、運動の後は丁寧な洗顔をして若く手も保湿液で保湿する事が大事です。そして、運動前は日焼け止めは必ず塗って、それでも汗で落ちるでしょうから、紫外線の影響を受けた肌をやはり保湿してあげる事が大切です。日焼けの炎症用クリームなども効果的です。若いうちは学校でも屋外、屋内での体育の授業や部活や朝練など、ケアしにくい状況が多いですが、学校でケアが十分できない場合は家帰ってお肌のケアをしてニキビのある方はニキビを治すように心がけることが大切です。

専業主婦でも借りれるキャッシング

ニキビの肌を掃除して治す行為はニキビ跡をつくる

ニキビは肌が汚れたり脂ぎっているから出来るから、肌をよく掃除しないといけないと考える方もいるでしょうが、方法を間違えると返ってニキビがひどくなり、ニキビ跡をつくりかねません。決して難しい事をするわけではありませんが、ニキビの出来る理由を知った上でケアする事が望ましいです。まず、ニキビはホルモンバランスの変化や異常によって皮脂が必要以上に多く分泌され、それが毛穴を塞いで、その皮脂を餌にしてアクネ菌が繁殖することから始まります。ホルモンのバランスは思春期の成長期や、大人の場合はストレスや化粧による肌荒れなどによって起こります。そして次第にニキビが赤くなって炎症を起こしたりすると、次にニキビが化膿して膿が出来ます。そして膿がひどくなると皮下組織の損傷が大きくなり、修復不能となってニキビ跡になります。ではニキビを治す為のケアですが、一番は洗顔です。お肌の掃除と言えるのでしょうが、決して綺麗さっぱりからからになるまでするものではありません。あくまで、余分な皮脂と汚れや古い角質を流してあげるのであって、やり過ぎは肌を痛めて逆効果になります。まずはぬるま湯(35度前後)で優しく洗顔します。この状態で余分な皮脂と汚れの半分は洗い流せます。次に洗顔用石鹸(弱酸性のもの)をよく泡立てて、泡を当てる感じで優しく洗って行きます。そしてすすぎを十分行って石鹸分が残らないように洗い流します。拭き取りは柔らかいタオルで軽く当てる程度にして水分をタオルに染み込ませるようにします。最後にすぐに保湿クリームや保湿液で保湿する事です。ニキビを治すには保湿は重要です。

ニキビ跡にならないようにニキビを治す食生活

ニキビは思春期の場合はホルモンのバランスが変化するために発生します。そしてそれは成長過程においての自然現象です。ですから、思春期はニキビが出来るのは不思議なことではありません。しかし、ニキビはケアしないで進行すると化膿してニキビ跡が出来やすくなります。若いころのニキビは主に皮脂の過剰分泌が原因ですので、洗顔を丁寧にする事が一番の対策です。そして、その自然現象に追加して、昨今は食事の欧米化がかなり進んだ為に、炭水化物や脂分、糖分を多く含んだ食品が身の回りに多く存在します。ファーストフードやコンビニを利用する方は多いでしょうが、これらの食品の割合が多いのは事実です。特に若い方は間食や夜食など、三食以外で食べる機会も多いものです。これでは、体に蓄積する栄養分が多くなりすぎて前述の食品は全て脂肪分に変化してしまうため、ニキビの原因である皮脂も通常より多く分泌されます。そうすると、よりニキビになりやすく、またアクネ菌の栄養も豊富になるため、ニキビの進行も早くなります。そのように不規則で余分な栄養が多い食生活がニキビを悪化させます。若い方は普通の状態でも皮脂が多いので深刻です。つまりニキビを治すにはまず、食生活を見直す必要があると言えます。それと通常の洗顔ケアを並行して行うことが大切です。そして、近年は若い人が大人並みのストレスを感じる事も増えてきましたので、ストレス解消に甘いものをたくさん食べてしまう事も多いでしょう。ストレスを溜めない事、解消に過食しない事も大事です。

睡眠時間でニキビを治すことがニキビ跡を防止する

ニキビは若くても大人になっても出来る可能性があります。主な原因は若い人は皮脂の過剰分泌、大人になると逆に乾燥肌がニキビになりやすいです。ともにホルモンのバランスが変化することで皮脂が過剰になったり、必要な皮脂が不足したりします。ニキビの要因であるアクネ菌は皮脂も好きですし、乾燥した肌の角質も好物です。よって、その時々のケアを怠るとニキビが進行して化膿し、皮下組織まで損傷すると皮膚の再生機能では修復できなくなり、それがニキビ跡になってしまいます。しかし、若い方の場合のホルモン異常は成長過程の一部ですので、洗顔でおおよそ自然に治ってしまうことが多いです。しかし、若くても、大人でもニキビがひどくなる原因で大きいものがストレスです。ストレスは若い人は皮脂の過剰分泌を促進し、大人の場合は肌荒れを引き起こします。そして、そのストレスを解消するのには精神的にも肉体的にも疲労を取り除く事がポイントになります。その方法の一つが睡眠時間を十分に取ることです。現代人はなにかと不規則な生活を余儀なくされて十分に睡眠時間を確保するのはやさしくないですが、睡眠不足の状態を続けることだけは避けたほうが良いです。そうでないとニキビを治すどころか進行させてしまい、ニキビ跡をつくりかねません。睡眠は日中の様々な精神的、肉体的負荷の回復時間ですので、ニキビにも当然重要な影響があります。つまり、睡眠時間を十分取ることがニキビを治し、ひいてはニキビ跡を作らない予防策と言えます。

ニキビ跡が出来ない正しい洗顔

ニキビ跡が出来ないようにするために、ニキビが出来るまでの経緯を見てみましょう。ニキビは始めはポツポツが出来る白ニキビで、見た目は肌と色は変わりません。次の段階になると白ニキビが炎症を起こしたり、紫外線で焼けたり、肌への刺激でニキビが赤くなる赤ニキビとなります。それが進行すると、ニキビが化膿して黄色い膿が透けて見え、黄ニキビとなります。この段階で皮膚の皮下組織まで破壊されると、ニキビが治った後にニキビ跡が残ってしまいます。そこで、ニキビができる前にケアすることが大切です。例えニキビが出来てしまっても、ケアは必要です。では、ケアの仕方ですが、一番良いのは洗顔です。それも正しい洗顔をすることが大事です。その方法ですが、まず、ぬるま湯(35度前後)でやさしく顔を洗っていきます。Tゾーンは皮脂腺が多いので他の場所より念入りに洗うと良いでしょう。そして次にようやく洗顔石鹸(弱酸性の石鹸)を使います。スポンジかネットを使うと泡立ちが多くて早いです。その泡を手に取って肌にあてて、優しく顔を洗って行きます。決して力を入れたり、ゴシゴシ手を擦りつけたりしないようにします。最後に泡を洗い流すのですが、ポイントはきっちりと洗い流すことです。しつこく洗い過ぎると肌が乾燥しますので、自身で確認して石鹸分がなければ大丈夫です。あと、体にもニキビは出来易い場所があり、背中と胸元がそうですので、同様に洗うと良いでしょう。

ニキビ跡防止には毛穴のケアが大切

ニキビが出来る場所は毛穴です。そこに皮脂が詰まると、少し膨れてきます。そしてそこに皮脂が好物のアクネ菌が集まってきてニキビとなっていきます。そのままにしておくと次第にニキビが炎症を起こして赤くなり、さらに化膿すると膿が黄色く見える黄ニキビとなります。そしてその塞がった毛穴の膿が破裂すると皮下組織まで損傷し、もはや皮膚の再生能力では修復できなくなります。するとニキビ跡が最後に残ってしまいます。ですから、ニキビ跡が出来る前のケアがとても重要になります。若い方のニキビの原因は余分な皮脂ですので、それを落とすのには洗顔が一番です。そして洗顔の方法ですが、ただ頻繁に洗顔したり、きつい石鹸を使ったり、ゴシゴシ洗うのが良いわけではありません。まずは、ぬるまゆ(35度前後)で洗顔します。これで余分な皮脂や汚れの半分程度は洗い流せます。それから洗顔用石鹸を十分に泡立てて、優しく手で洗顔します。これで残りの余分な汚れや皮脂が落とせます。時間をかけすぎると肌荒れします。そして、すすぎですが、十分に石鹸分を洗い流すことが大事です。少しでも石鹸分が残っているとその成分と皮脂がまた詰まり、ニキビが出来やすくなります。その後はしっかり保湿液やクリームで肌を保湿する事です。乾燥した肌ではアクネ菌が繁殖しやすいです。これで十分毛穴の中までケア出来ますが、根本的に、皮脂が普通より多く出過ぎない食生活や日常生活を送る事が最も大切です。

紫外線をニキビに受けるとニキビ跡になる

ニキビは思春期の時はホルモンバランスの変化の時期に出来易いです。大人の場合は大人ニキビ(いわゆる吹き出物)と言いますが、主にストレスが原因で出来易いです。根本的なところでは皮脂の過剰分泌とアクネ菌の作用によります。思春期のニキビは皮脂が大人よりも多いため、進行は早く、数も多く出来易いです。放っておくと、最終的にニキビ跡となってしまいます。大人の場合はストレスや女性ホルモンが多い生理の時などに皮脂が多く分泌されてニキビが出来やすくなります。ニキビは最初はポツポツが出来るだけですが、進行すると炎症を起こして赤くなります(これを赤ニキビと言います)。この状態は皮膚がデリケートですので、外的刺激にとても敏感です。外的刺激には、普通の洗顔でこすってしまう、かゆくて掻きむしってしまう、屋外で紫外線に多く当たってしまう、等が挙げられます。特に自分が直接触れるわけでもない紫外線は、太陽がよく見える晴天もそうですが、曇りの日も要注意です。それは、曇りの日は雲に紫外線が反射して、日陰でも日照があるためです。太陽を直視しなければ、曇りの方がまぶしいい事があるはずです。ですから、晴れの日は日焼け止めに日傘をしても、曇りだと油断して日焼け止めをしないのは良くありません。知らないうちに肌に影響があるかも知れません。日焼けでもニキビは炎症を起こしますので、化膿してしまうとニキビ跡になりやすいので、日焼け(曇りの日も含めて)には注意して、屋外へは日焼け止めを必ずするようにしましょう。

活性酸素がニキビ跡の原因になる

ニキビ跡が出来るまでにはある程度の時間とその過程が必ずあります。つまり、ニキビの過程で直してしまえばニキビあとはできな
いことになります。ではニキビはどのようにして出来るかと言うと、若い人の場合は成長過程でのホルモンバランスの変化で皮脂が多く分泌され、そこにアクネ菌が作用してニキビが出来ます。大人の場合はストレスや情勢の場合生理の時にホルモンバランスが変化し皮脂が多く分泌されやはりアクネ菌が繁殖してニキビになります。ニキビは皮脂が毛穴を塞ぎ、ポツポツから始まります。皮脂が毛穴を塞ぐとさらに皮脂が溜まり、皮脂が好物のアクネ菌が集まってきます。するとニキビがだんだん進行し、肌の受けた刺激などで炎症を起こし、ニキビが赤くなります。(赤ニキビと言います)。それが悪化するとニキビが化膿し、膿が見える状態(黄ニキビと言います)になり、さらに進行すると肌の内側の組織が破壊されてニキビ跡ができます。以上がニキビの大まかな流れですが、その過程でニキビの場所には活性酸素も発生しています。ニキビの部分はニキビが塞いでいて血液からも酸素が入りにくい状態です。すると肌の新陳代謝がうまくいかず、活性酸素の排除が追いつかなくなります。アクネ菌はこの状態も大好きですので、よりアクネ菌や雑菌が繁殖しやすくなります。活性酸素は血流が悪いと特にたまりやすいので、体の健康もニキビを治すには必要な事です。またストレスも同じく体には良くありません。健康な日常生活を心がけるのがニキビには一番効果があると言えるでしょう。

物理的な騒音や寒暖の差などの外的ストレスはニキビ跡の原因になる

ニキビはストレスによって引き起こされるといっても過言で無い位、ストレスは身体に悪い影響を与えます。最も影響がよく出るのが皮膚です。ストレスが溜まると肌が荒れて、よく皮膚のあちこちを掻いていたりすることは珍しくない光景です。特に外的ストレスを受けると皮脂が多く分泌されますので、それを狙ってアクネ菌が寄ってきます。そうするとニキビが出来やすくなり、悪化すると最後にはニキビ跡となってしまいます。そうならないようにするには日常のケアだけでは不十分です。外的ストレスという外からの要因は、根本的な原因をなくさなければきりがありません。では、人はどのよにしてニキビの原因のストレスを受けるのでしょうか。要因は様々ですが、その一部として、物理的ものとしては、耳から入るうるさい騒音、体で感じる外気や室内の寒暖の差などが挙げられます。これらは直接体に影響し、ストレスとなって体の正常な体循環を妨げます。ですから、騒音が気になる場合は場所を変えれば済む事は少ないでしょうから、許されるなら、耳栓をすることでかなり音はましになります。騒音を指摘してなくなるものなら、そうしてあげた方が、周りの人も助かるかも知れません。ちなみ耳栓はに100均にも売っています。また寒暖の差については職場でのエアコンの影響など、屋内に関しては暖かくする物を持参して使用する、屋外では夏でも羽織るものは持っていくなど、脱いで温度調整をするように心がければ安心でしょう。

社会的人間関係による対人不安の外的ストレスはニキビ跡につながる

ニキビは大人になると、発症の原因は外的ストレスがほとんどです。女性の場合は生理の時にホルモンバランスが崩れますのでニキビが出やすいですが、それ以外の場合はストレスが原因といっても過言ではありません。それだけストレスは身体に与える影響が大きいと言えます。あまり普段からストレスの多い生活をしていると、ニキビが進行して、最終的にはニキビ跡ができかねません。では、どのような外的ストレスによってニキビが出来るのでしょうか。人は社会に出ると社会人と呼ばれます。そして社会的立場を与えられ、仕事をして生活するようになります。そこには常に何らかの人間関係が存在します。そして年月とともに社会的立場も変化して行きます。その時々で周辺にいる人や関係する人も変化して行きます。すると、自分が関係する人がだんだん増えて行き、人間関係が多くなります。いつも自分と気の合う人とばかり過ごす訳ではありません。するとデリケートな人でなくても、何らかのストレスを感じることが有るでしょう。一時的にでもストレスが掛かった状態が続けば当然、体が防御反応を起こし、身体的に変化が出てきます。最も顕著な場所が皮膚です。ストレスが多いと肌荒れが起こるのはそのためです。思春期ニキビは成長過程のホルモンバランスの変化で皮脂が多く分泌されてニキビが出来ますが、大人のニキビの場合はストレスと感じると皮脂が多く分泌されます。その皮脂にアクネ菌が作用するとニキビになりますので、ニキビ跡を作らない為にもストレスを溜めない、ストレスはすぐ解消する、おおらかに生きるなど、ストレスを減らす努力が必要です。